« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月11日 (日)

黒水伸一ソロ/阿佐ヶ谷harness

Img_3309


2016.9.11
黒水伸一ソロ/阿佐ヶ谷harness

共演、ナベジ(スランキーサイド)

旧い名曲「真夜中の向こう側」を聴きながら10代終わりの
自分を思い出して何ともいえない感じになった。
朝が来るとは思えないと本気で悩み苦しんだ、今思えば
そんな事で悩みすぎだろ。と笑ってしまうのだけど、それ
がやっぱり10代、20代前半なんだ。
カセットテープに録った「真夜中の向こう側」やその他の
曲、何百回聴いて、心の拠り所にしたかな。
全部全部、名曲、全部、私の糧になった。

今、
伸一さんが作る曲、歌詞、にもやっぱり生きてきただけの
想いがギッシリで、私の心を舞い上がらせたり、きゅんと
させたり(おばさんでもキュンとすることあるんだよー)
ロックイズアオールライト!なテンションに盛り上がった
り!
今の伸一さんの音楽が、今の私の心を捉える。
糧になる。
それにしても、ハーネスのお店のサイズとか音響の
感じなのか、伸一さんの声の良さが際立って聴こえた。
お客さん達との一体感も楽しかったー。


ライブは短かったけど、先にライブのナベジさんとの
第3部的なセッションもカヴァー三昧で充実でした。
ナベジさん、ギターも上手いけど、楽しいキャラでした。

ふっ、と、隣で厚二くんがスライド弾いてるのを妄想して
しまった。観たいな、その2人のセッション、。


01. 夜が舞い降りて
02. 真夜中の向こう側
03. さよならのその前に
04. 人生はダンス
05. Broken Heartが見る夢
06. スワンソング
07. 光をあつめて
セッションwithナベジ
08. Rollin'and Tumblin'(Muddy Waters)
09. Wild Thing(The Troggs)
10. The Weight(The Band)
11. Land of 1000 Dances(Wilson Pickett)
E.C
12. Got My Mojo Working(Muddy Waters)

かりめろ


| | コメント (0)

2016年9月 1日 (木)

うつみようこ、ヤマジカズヒデ/Zher the Zoo yoyogi

Img_3299

最初はうつみようこさんのバンド
日本の歌のカヴァー中心でピンクレディーの「UFO」とか
「満月の夕」とか、ようこさんのパワフルかつ情の濃い歌を堪能!
今日はタイトルに夢がついてるの多いね。とMCで言ってたの
ですが村八分の「夢うつつ」とか、ときて
「You May Dream」前からカヴァーしてたそうなんですが私は
全然知らず、予想もしてなかったのでびっくり。
でも良かった。やっぱり根っこがパンクロックブルースな人が
歌うのがいい。

ヤマジさんのバンド
1月に穴井さんと組んでライブやったの都合悪く観れなかった
ので、楽しみにしてました。
「シナモンガール」で始まり
こちらが英米のカヴァー三昧で、知らない曲もあったけど
ヤマジさんの選曲で私のツボにはまらない訳がない。
もお、かっこよかった、穴井さんも締まったベースがカッコイイ
ったらないですよ。
でもって RIDEの「like a daydream」が、、、うれしー!
かっこいいーっ!
穴井さんとキュウちゃんもVoとった。
最後はストゥージーズの「I wanna Be youa dog」だよ。

アンコールはセッション。
穴井さんが夢でみたからリクエストしたと、サンハウスで
ようこさんが「でもあのポーズはしないから(笑)」って
言うからすぐにわかった。
「キングスネークブルース」
女性で歌うのは世界で初めてかも?って穴井さんも言ってた
そりゃー、、、ね。
すごい盛り上がりました!
キングスネークブルース
White Rabbit
move over

で、で、ラストは「レモンティー」!
まさかこの日のこのメンバーでの(穴井さんがいたとはいえ)
大団円がレモンティーとは。
めっちゃ、みんな楽しそうだった!
みんな、やりたかったんだねー、そりゃそうだよね!!!

かりめろ


慌ててiphoneで撮ったので雰囲気だけですが動画です↓
キングスネークブルース/SESSION

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »